横浜市の子育てお役立ち情報

お子さんと遊べるスポットや子育て生活に関するお役立ち情報をお伝えします

羽沢横浜国大駅 開業まで一ヶ月を切った今どうなっているか?商業施設は? 試乗&先行見学会 申込みは今日まで

f:id:KAMP-Yokohama:20191104121610j:plain

 

羽沢横浜国大駅 開業まで一ヶ月を切った今どうなっているか? 試乗&先行見学会 申込みは今日まで

f:id:KAMP-Yokohama:20191104140246p:plain

こちらの車両で都心へ乗り込む相鉄線

相鉄の都心直通プロジェクト

 

相鉄グループ ホームページより

 

こんにちは、

横浜市民におなじみの相鉄線JR貨物線から湘南新宿ラインに乗り入れ、都心へ直通できるようになる「都心直通プロジェクト」の目玉、新駅「羽沢横浜国大駅」2019年11月30日に開業するので開業までいよいよ一ヶ月を切った状態です。

 

www.sotetsu.co.jp

 

今まで最寄り駅と言える駅がなく横浜の陸の孤島とも言われていた神奈川区の羽沢地区(一部保土ケ谷区緑区等も含む)に待望の駅が誕生します。

これにより、相鉄線沿線の住人が横浜駅や大和駅で乗り換えることなく都心へ行くことができるようになります。横浜駅の混雑はだいぶ緩和されそうですね。

横浜市に生まれる新線にしても横浜市営地下鉄グリーンライン以来となりますので横浜市民は大きな期待を持って見守っています。

 

開業後は、基本海老名-新宿の間を往復するようになります。

朝の通勤時間だけ武蔵浦和駅大宮駅など埼玉県の駅まで直通で運行されます。

 

ラッシュ時は最大1時間に4本程度、日中は1時間に2本この都心直通路線が運行されます。

この羽沢横浜国大駅の次の駅は"あの"武蔵小杉駅となります。

武蔵小杉のタワーマンション群

台風19号の浸水で話題になった街ですね。

そんな武蔵小杉駅羽沢横浜国大駅が隣の駅になります。

ただし羽沢横浜国大駅と武蔵小杉駅が相鉄線とJR線の分かれ目になるので、羽沢横浜国大駅から武蔵小杉駅間はひと駅ながら所要15分もかかり、運賃も302円と高めです。

 

この相鉄-JR直通路線以降は、今度は2022年度相鉄-東急東横線直通路線も誕生する予定で、そうすると相鉄沿線から新幹線が止まる新横浜駅までも直通で行けるようになります。

東急東横線直通線も開業するとJR直通線と行き先がかぶってしまうので以降はJRは横須賀線を使って、品川・東京方面へ行ってくれないかなと思うところです。

f:id:KAMP-Yokohama:20191104140425p:plain

2022年度からは東急とも直通運転が始まる相鉄線 (相鉄グループホームページより)

 

 

羽沢横浜国大駅の現在

 

羽沢横浜国大駅 開業まで一ヶ月を切った今どうなっているか? 試乗&先行見学会 申込みは今日まで

JRと相鉄が同じ看板に

気になったのでいま開業間近の新駅、羽沢横浜国大駅はどうなっているか見てきましたので報告します。

 

羽沢横浜国大駅は住所でいうと

神奈川県横浜市神奈川区羽沢南2丁目44−1

になり、横浜市をバイパス的に横断する大きな通りの環状2号線沿いに位置します。

 

もともとJRの大きな貨物駅があったところで、その線路を旅客用に流用して、今回この新線、新駅が誕生するわけです。

そのため住宅以外にはもともと何もないところで周辺にはコンビニすらありません。

 

さらに駅名から横浜国大に近いイメージを持たれるかと思いますが、

実際には住宅街の細い抜け道を歩いて徒歩10分以上かかります。

 

駅からは横浜国大は全く見えないので、羽沢横浜国大という駅名は若干苦しいなと地元の方もおっしゃってました。でも大学名が駅名につくことによって、将来的にはこの辺り一帯が文教地区みたいな良いイメージがつくのではないでしょうか。

 

現在の駅の様子ですが、まだ囲いがされていて駅周辺の全貌は明らかになっていませんがフェンス越しに開業間近の駅の様子を見ることができました。

まだ全貌は囲いの中

 

まだ駅舎以外は工事の真っ盛りです。

近隣の坂の上から羽沢横浜国大駅の工事の様子が見えます

工事全貌 駅手前側のスペースが開発される

左側のれんが色の建物が駅舎、プラットホームは地下になります。

そして、駅舎の手前側がコミュニティプロムナードとして、商業施設やマンションが開発されることになりそうです。将来はこの辺りの景色もすっかり変わってしまうのでしょうね。

 

駅舎中の様子もまだ養生がされていて多くはわかりません。

まだコンコースにも店舗などはないようです。

コミュニティプロムナード側駅出口

この駅出口の右側がコミュニティプロムナードとして開発される予定です。

ただし駅舎以外はまだ舗装も完了しておらず、商業施設の気配はありません。

 

環状2号線側出口

環状2号線側の駅出入り口に回ってみます。

歩道がかなり大きく拡幅され朝夕の自転車や歩行者の通行も問題なさそうです。

ただしこちらもまだ商業施設の気配はありません。

駅ナカにキオスクのような小さい店舗だけで開業スタートするのではないでしょうか。

ですが、相鉄の駅ということもあって、相鉄線の駅前に軒並みある相鉄ローゼン(スーパーマーケット)は早期に出店すると思っています。

 

現在この駅前を通るバス路線も神奈中バス新横浜駅-保土ヶ谷駅を結ぶ121系統という1路線しかありません。本数も1時間に1本程度ですのでここはぜひ神奈中バスにこの路線の増便と、相鉄バスに新路線の検討をお願いしたいものです。

現在は羽沢貨物駅という停留所名

現在は羽沢貨物駅という停留所名ですので羽沢横浜国大駅が開業後は停留所名も変更になるのでしょう。

この左側にロータリーになりそうな道路が作られていました。

将来的にはバス乗り場になるスペースがあれば新路線の運行も可能です。

 

今のところ、駅構内にも駅前にも商業施設の気配はないので、JR直通線開業時はあっても相鉄線の駅売店程度の店舗だけでの営業開始となりそうです。

 

 

羽沢横浜国大駅周辺の開発計画

 

この羽沢横浜国大駅を中心として開発計画が立てられています。

羽沢横浜国大駅の周りにショッピングモールタワーマンションが建てられるという噂もあるのでよく調べてみました。

 

この羽沢横浜国大駅も含めたエリアが新横浜都心部として再開発の対象になっています。

地方から横浜市への窓口が新横浜駅なら

羽沢横浜国大駅は都心から新横浜エリアへ、また都心から相鉄エリアを結ぶハブのような駅になるかもしれません。

shin-yoko.net

羽沢横浜国大駅に関しては、まず工事中の写真でもわかってきた駅手前の大きなスペースに

コミュニティプロムナード

という歩行者用の駅前通路が計画されています。

羽沢横浜国大駅前のコミュニティプロムナード 横浜市資料より

 

ここに面して商業施設が作られそうです。

横浜市資料より

そしてコミュニティプロムナードの貨物駅側(横浜国大側)に高さ100m級の高層ビルが2棟建設が予定されているのです。この高層ビルが、下層階に商業施設を入れたタワーマンションになりそうです。

 

この再開発は相鉄-東急直通が実現するあたりの時期を目処にされているようです。

相鉄は街作りがあまり上手くないイメージがあるので、ここは東急に参画していただきたいですけど、このあたりは完全に相鉄のテリトリー。どうなるでしょうかね。

 

羽沢横浜国大駅 先行見学会の詳細

 

実は開業に先立って、新線の相鉄西谷駅と羽沢横浜国大駅の間を電車で試乗できて、開業前の羽沢横浜国大駅を見学できる先行見学会11/16(土)に、抽選に当選した方限定で行われます。

こまめに相鉄線の情報を見ていた方しか広まっていないんじゃないかと思うほど告知されてなかったですが、当日飛び込みで参加しようと思ってもできませんので、参加したいという方は下記のリンクから応募しましょう。

 

応募締め切りは本日11月4日いっぱいなのでぜひ!

www.sotetsu.co.jp

 

見学会のプログラムですが、1時間のイベントの中で

  • 西谷駅より列車にて羽沢横浜国大駅へ移動
  • 羽沢横浜国大駅見学(30分程度)
  • 羽沢横浜国大駅より列車にて西谷駅へ移動
  • 西谷駅にて解散

とあるように開業前の新線で移動でき、さらに同じく開業前の羽沢横浜国大駅も見学できるという、鉄道マニアの方はもちろん、近隣住民の方も、お子様も皆が楽しめるイベントになると思いますのでぜひ応募して下さい。

 

1日3部開催され、各回は100名の参加者、合計300人しか体験できない非常に狭き門です。

私も競争率が少なそうな回は3回目かな、などと考え応募してみました。

もし当選したらぜひ記事にしたいと思います。

 


羽沢横浜国大駅周辺の高台からこんなにきれいに富士山が見えました。