横浜市の子育てお役立ち情報

お子さんと遊べるスポットや子育て生活に関するお役立ち情報をお伝えします

台風19号による城山ダムの緊急放流は相模川流域に大きな被害なし

f:id:KAMP-Yokohama:20191013092421j:plain

 

城山ダム 緊急放流 無事終了

 

10月13日未明に終了

 

おはようございます。

昨日、17時に行うと発表されていた神奈川県相模原市の城山ダムの緊急放流は想定の雨量から変更があり、遅れていましたが10月12日の21時半に実施されました。当初は22時から緊急放流を行うとアナウンスされたようですが、前倒しで21時半から行われたようです。

緊急放流の1時間前には周辺住民にアナウンスすると発表されていましたが前倒しの情報は正しく伝わっているかな?、相模川流域住民には影響はないかなと心配していました。

 

相模川流域の市町は、浸水が想定される区域に緊急の警戒レベル4の避難指示を発令するなどして対応した結果、多くの住民が避難所へ一時避難をされました。

 

緊急放流は10月13日午前1時15分ごろに終了し、影響で氾濫の恐れがあった相模川流域

でも特に県に被害の報告はなかったそうです。

その一方を聞いて本当に安心しました。

 

緊急放流とは・・・

 

緊急放流とは通常の放流と違い、大雨時などにダムの決壊を防ぐため、ダムに流入した量と同じ量の水を放流する措置です。ダムの下流の河川などは一時的に急激な増水が発生する可能性があります。

 

城山ダムで緊急放流が行われるのは初めてですが、

緊急放流による影響といえば、2018年西日本豪雨の影響で愛媛県の肱川で上流のダムが緊急放流を行った結果、下流で氾濫が起こり多くの犠牲者が出た事故がありました。

 

www.asahi.com

 

そういった痛ましい事故もありましたが、通常ダムとは逆に川の流水をコントロールすることで増減水の影響を最小限にしてくれるありがたい存在です。

今回の台風19号は本当に今までなかったような大雨が流域に降り続いたので城山ダムも緊急放流の必要があったわけですね。

正しく流域住民にアナウンスされ、事前の準備がしっかりできていればやむを得ないことだと思います。だからこそ近隣自治体の正しい対応が必要ですね。

 

今後

 

神奈川県は緊急放流が終了した後も、量を減らして放流を続けると発表していますのでしばらくは通常時より川の水位が高い状況が続くと思われます。流域にお住まいの皆様は引き続き注意してください。

 

「城山ダム」の画像検索結果

(ウィキペディアより)

 

城山ダムとは・・・

 

城山ダムにある地域といえばふだんはとても静かでいい場所で神奈川県民はじめみなのレジャースポットです。

ja.wikipedia.org

近隣には相模湖プレジャーフォレストという遊園地、キャンプ場や相模湖もあり一大レジャーエリアとなっています。我が家もこのあたりに先週遊びに行ったばかりです。

今回は改めて城山ダム含めた相模川のあたりに思いを馳せるいい機会になりました。