横浜市の子育てお役立ち情報

お子さんと遊べるスポットや子育て生活に関するお役立ち情報をお伝えします

臨港パークはみなとみらいの穴場ピクニックスポット

f:id:KAMP-Yokohama:20190914174217j:plain

 

こんばんは、

今日は横浜みなとみらいにある臨港パークへ行ってきました。

 

臨港パークとはみなとみらいエリア、パシフィコ横浜に隣接する海沿いの眺めのよい公園です。最寄り駅はみなとみらい線みなとみらい駅で駅からはクイーンズスクエア横浜を経由してゆっくり歩いて約10分といったところです。

 

一応、パシフィコ横浜の屋外エリアという扱いのようですね。

みなとみらい地区最大の緑地です。 

 

ここがなぜおすすめかというと横浜みなとみらいという人気のエリアにあるにもかかわらず比較的人が少なく穴場なのです。

なぜかというと公園のメインエリアはみなとみらい駅からだとパシフィコ横浜を通り抜けて遠い方にあるからでしょう。散歩にはちょうどよい距離感なんですけどね。

だから子供と駆け回ったり、犬と散歩したり、ポップアップテントを立ててピクニックするのも割とのんびり自由にできるのです。

 

車だと駐車場が公園のメインエリアに近い方にあるので臨港パーク目当てに来るなら車が便利です。

駐車場は8-21時まで、

駐車料金は30分250円です。

最大料金は平日なら1日何時間駐めても1100円です。

土日は最大料金がないのと、21時以降は翌朝でないと出庫できないので注意して下さい。

 

広い芝生のエリアはシートを敷いてゴロゴロすると気持ちよくて最高です。

海沿いの石畳みのエリアはカップルがよく海を見て座っておしゃべりしています。

目の前はベイブリッジ、右を見るとヨット型のホテル、グランドインターコンチネンタルホテルやみなとみらいのビル群が見えます。

海沿いに歩いていくとすぐぷかり桟橋とグランドインターコンチネンタルホテルに着きます。

時々シーバスが通ってお客さんが手を振ってくれたりもします。

 

子ども向けの遊具などはないですが空いているときはボールなどを持っていけばそれだけで十分楽しめます。大都会みなとみらいにあって本当に貴重なのんびりできる公園です。

他に施設はちょっとした売店があります。

みなとみらいのお店でテイクアウトして臨港パークで食べてもいいですね。

トイレも2箇所あります。

 

私は夜は来たことがないですが、夜は夜景がいかにもキレイそうです。

ただ穴場ということもあり、夜は人が少なかったら治安の問題もあるかもしれないので気をつけて下さい。

 

臨港パークからスタートして赤レンガ倉庫から大さん橋、山下公園まで海沿いでつながっているので最高のジョギングコースにもなります。

私は横浜の関内に住んでいたことがあり、その時はよくこのコースをジョギングしていました。

 

特に平日はガラガラです。

だから夏は上半身裸で日焼けをしている人たちもよく見かけます。

 

なお、自転車は乗り入れ禁止なのでご注意を!

 

スポット概要:

パシフィコ横浜 臨港パーク
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1